お知らせ

入試情報

令和2年度野村高等学校入学者選抜 

令和2年度 生徒募集のお知らせ

推薦入学者選抜に係る「出願資格の詳細」

推薦入学者選抜に係る「出願資格の詳細」(全国募集)

 

全国募集のお知らせ

概要

全国募集動画 2018年度版 2019年度版

パンフレット 全国募集パンフレット画像1 全国募集パンフレット画像2

学校案内  2019(準備中)

 

【Q&A】

Q1 全国募集をはじめる目的は何ですか?
A 入学生の数を増やすことで、教育活動や部活動の充実や地域の活性化を図るとともに、一人でも多くの人に豊かな自然と人情味あふれる野村での充実した高校生活を味わって欲しいと考え、全国から生徒を募集することにしました。


Q2 入学定員および募集人員は何人ですか?
A(1)入学定員は普通科80名、農業科(畜産科)40名です。
 (2)普通科は入学定員の5%(4名)、農業科(畜産科)は入学定員の10%(4名)を地域外から募集します。

Q3 どのような生徒の入学を求めていますか?
A(1)本校の教育活動に関心を持ち、意欲的に学びたいと考えている人
 (2)地域に関心を持ち、将来、野村町や西予市の地域創生のために活躍したいと考えている人

Q4 野村高校にはどのような特色がありますか?
A(1)文武両道を実践できる学校
    全校生徒の部活動加入率は98.8%で、ほとんどの生徒が部に加入しています。その一方で、大学進学など自分の進路の実現に向 けて学習できる体制が整ってお り、勉学と部活動の両立を図ることができる学校です。
 (2)多様な進路希望を実現できる学校
    国公立大学を含む四年制大学の他、短期 大学、専門学校、就職など様々な希望に応じて丁寧な進路指導を行います。国 公立大学へは毎年10名程度が合格しています。
 (3)一人一人を大切にする学校
    小規模校であることを生かし、全教職員が進路指導、教育相談、生活指導な ど学校生活全てにわたって一人一人の生徒を大切にし、 手厚く指導することをモットーにしています。
 (4)畜産科のある学校
    畜産科は県下唯一の学科であり、全国的にも学科の名称「畜産科」が設置されている高校は8校しかありません。本校では乳牛・肉牛の他、豚、鶏などを所有しており、常に実際の家畜を使った実習ができます。家畜人工授精師と家畜体内受精卵移植の資格を在学中に取得することも可能です。また、1年次には、「地域ファームスティ」(地域の農家での現場)、2年次には「北海道ファームスティ」(北海道での7泊8日の現場実習)などの実践的な実習の他、移動動物園をはじめとする地域と連携した教育活動にも力を入れています。
 (5)相撲部のある学校
    野村町は「乙亥相撲」に代表されるように伝統的に非常に相撲の盛んな町であり、「乙亥会館」など充実した相撲の施設が整っています。そのような相撲競技に最適な環境の中で、本校の相撲部は、昨年度の愛媛国体少年個人で全国準優勝を果たすなど、全国レベルで活躍しています。

Q5 学校の見学はできますか?
A 夏休み中に「オープンハイスクール」と称して学校説明、授業・実習体験、施設設備見学、部活動体験を行っています。今年度は7月28日(日)に実施する予定です。保護者の方も参加できますので、是非この機会を利用してください。詳細については、後日、本校ホームページに掲載いたします。また、これ以外の日でも個別に対応いたしますので、電話等で本校教頭まで相談してください。

Q6 野村高校の進路状況について教えてください?
A 本校のホームページの「進路状況」をご覧ください。 

Q7 野村高校の部活動について教えてください?
A 本校のホームページの「部活動」をご覧ください。

 

Q8 寮や下宿はありますか?
A 男子生徒については、学校のすぐ近くに寮があります。寮母さんにより毎日、朝夕の食事を作っていただけるので、健康な食生活を送ることができます。女子生徒については、野村町や地域の方々の協力を得て、学校周辺の安心・安全な下宿を斡旋しています。現在、「野村高校活性化連絡協議会」(H26年度発足)を通じて寄宿舎生・下宿生への食費や家賃の支援として月額5,000円の補助を行っています。なお、寮や下宿の様子については、寄宿舎のページをごらんください。