自然災害緊急時における対応について 
 

愛媛県立野村高等学校


 
1  学校開校日において、登校する時点で、居住地又は西予市に「特別警報」もしくは「暴風警報」、「暴風雪警報」、「大雪警報」の内、少なくとも1つの警報が発令されている場合は、自宅待機とします。
 
2  学校開校日において、登校する時点で、自宅から学校までの通学経路において、「大雨警報」や「洪水警報」に加えて、「土砂災害警戒情報」、「避難勧告」、「避難指示」等の「警戒レベル4」に相当する防災情報が発令されている場合は、登校せず、適切な避難行動をとってください。
 
3  正午までに、上記1に示す警報や上記2に示す防災情報が解除になった場合は、実施可能な時限より授業を開始するので、生徒は安全に十分配慮して、速やかに登校してください。
   ただし、災害状況等により、安全が確保できない地域の生徒や安全な交通手段がない場合は、公欠・公遅扱いとするので、無理して登校せず、学校へ連絡してください。
 
 
4  正午までに、上記1に示す警報や上記2に示す防災情報が解除されない場合は、その日は原則として臨時休校とします。
 
5  休業日についても上記1、2を準用し、原則としてその日の補習・模擬試験・部活動等、校内の全ての行事を取り止めとします。
 
6  登校後、西予市に上記1に示す警報や上記2に示す防災情報が発令された場合、もしくはその可能性が高まった場合は、校長が状況を判断してその都度指示をします。
 
7  その他、上記1に示す警報や上記2に示す警戒レベルに至っていない状況であっても、校長の判断で自宅待機とする場合や必要な連絡事項がある場合は、緊急連絡網やホームページ等で連絡をします。
 
 
                                                                            

令和元年7月11日改正